輸血拒否患者への対応について

公立昭和病院では、輸血拒否患者(宗教上の理由で輸血拒否をする場合も含む)に対し、以下のように対応いたします。

 

1.当院ではいかなる場合においても「相対的無輸血治療」を施行します。

2.輸血を行う必要がない治療および検査に関しては、全ての患者さんに対し平等かつ最

 善の医療を提供します。

3.免責証明書や「絶対的無輸血治療」に関する同意書等の受理・署名はいたしません。

4.相対的無輸血治療に同意いただけるよう努めますが、最終的に同意が得られない場合

 は、転院を勧めます。

5.輸血以外に救命の手段がないと判断される緊急時(救急搬送や入院中の病状急変など)

 には、同意が得られなくても救命のための手術、輸血療法を実施します。

 

 

絶対的無輸血:患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないと

       いう立場・考え方。

相対的無輸血:患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以

       外に救命手段がない」事態に至った時には輸血を行うという立場・考え方。

 

                                                              2018年8月 公立昭和病院


  • 〒187-8510
  • 東京都小平市花小金井八丁目1-1
  • TEL 042-461-0052(代)/FAX 042-464-7912
Copyright(c) 2013 SHOWA GENERAL HOSPITAL All Right Reserved