公立昭和病院 看護部

教育体制

教育体制

教育理念

質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成するために、個々の学習のニーズと目標を専重し、専門職業人として、主体的な発達を支援するための教育的環境を整えます。

教育目標

目指す看護師:やさしく信頼される看護師

①看護師の基本的責務に基づいた行動ができるように育成します。

②教育プログラムに基づいた段階的発達ができるように育成します。

新人受け入れ方針

導入ペースをゆっくり、ゆとりのあるペースですすめる

graph.jpg

*新人にプリセプターが1:1で担当し、支援してきましたが、プリセプターがいない時のサポートが不十分なため、支援を強化したいと考え、チーム支援制度を導入しました。

   新人に対し、1:1で担当しますが、新人2人にプリセプター2~3人おり、お互いに連携します。

   チームには、教育担当主任も入り、調整します。1:1の場合相性もあるので、1:1は状況により変更も流動的にしています。

*プリセプターがすべて指導をするのではなく、看護師全員がメンタースタッフとして、新人に得意とする分野を担当し、全員で支えていく制度に変更しています。プリセプターはマネジメントの役割を果たします。

 

中途採用者の受け入れについて

経験者チェックリストを使用、本人と話し合いを持ち、本人の申請による段階から開始します。実際に行って困難な場合には段階を変更する事もできます。

・病棟配置前に、電子カルテの訓練・ME機器の操作訓練・医療安全・教育についてなどを行うので、電子カルテが初めての方やブランクのある方も安心です。

・採用が決定したら、ナーシングスキルによる看護手順の学習、オンデマンドによる研修を受けるためのID・パスワードを配布し、事前学習の支援を行います。

・病棟配置後も、担当者が支援していきます。

・研修は、ラダー段階に応じた研修と中途採用者のフォローアップ研修が行われます。 

教育プログラム

当院看護部は皆さん一人ひとりを「組織の財産」と考え、生き生きと働きながら人間として成長できるよう、また看護専門職としてのキャリアを積み重ねていけるよう、クリニカルラダーと目標達成プログラムを連動させています。

クリニカルラダー

看護の質の向上と組織の理念達成を目的に、看護師個々の臨床実践能力や意欲に焦点を当て、その成長の過程を支援していくシステムです。当院のクリニカルラダーの基本構造は、看護実践、管理、倫理、人間関係、教育(研究)の5つのカテゴリーからなり、ラダー(はしご段)の数は、新人・レベルⅠ~Ⅲ・主任・師長の段階となっています。

 

クリニカルラダー新人~レベルⅢ(1)(207KB; PDFファイル)

 

クリニカルラダー主任~師長(2)(170KB; PDFファイル)


目標達成プログラム

ラダーの段階に応じて目標に到達するためには、どの様な学習をしたらよいのか、具体的にどのような仕事ができればよいのかを示したものです。毎年1年間の自己の目標を立て、どのようにしていくか計画・実施・評価していきます。

教育・研修について

教育の方法として下記の3種類があります。

①中央で行う集合研修

看護部教育委員会が企画実施し、現場を離れ、講義・訓練などを行います。

  • ・必須研修
    各レベルの段階に応じて、時間内に研修を組み込んでいます。
  •  

H26 クリニカルラダー別研修(127KB; PDFファイル)

 

 ・レベルアップ研修
自ら希望した研修に参加し、自己研鑽できるよう、レベルを表示し、多数の研修を企画しています。認定看護師による専門的学習会、各部署・分野の基礎的学習会、衛星放送による段階に応じた学習会などがあります。

 

H26 レベルアップ研修(157KB; PDFファイル)

 

②各職場で行う現場教育

各職場及び看護場面において、プリセプター・病棟教育担当者を中心に上司・先輩・同僚により、皆で教育を行います。


showa-0170.jpg
showa-0286.jpg

③自己学習

自己学習の支援として、ナーシングスキルによる看護手順の導入、オンデマンドによる研修の導入により、自宅でもインターネットを介していつでも学習できるようサポートしています。

ナーシングスキル


ナーシング・スキル日本版というオンラインの看護技術教育ツールを採用しています。

Web環境があれば、看護技術の確認作業がいつでも、どこでもできます。
初めての処置・しばらく行っていなかった処置など病院内でも確認できます。
また、院外でも利用できるため、育休後の復帰前に変化している部分の確認、又就職される方への事前学習のツールとして活用してもらっています。
必要な人が必要な時に利用でき、動画や画像と共に、分かりやすいテキストで解説されているため、限られた時間の中で効果的なスキルアップを図ることができます。

  充実したコンテンツと機能


  •   1.最新情報がいつでもウェブ上に院内からはもちろん、自宅からでも参照することができ、離職中の現場感覚維持にも役立ちます
  •   2.動画で正しく確認動画を見ることで看護手順を早く、正しく理解でき、メディカルエラーの軽減にも役立ちます
  •   3.テストとチェックリストで理解度の確認 eラーニング機能で各自の履修履歴も確認できます
  •   4.カスタマイズできるコンテンツ収載されているコンテンツをカスタマイズしたり、新しいコンテンツを追加することも可能です
  •  

  ナーシングスキル Webリンク 

衛星研修・オンデマンド研修


当院では、S-QUE衛星放送・オンデマンド研修を導入しています。
最新の看護技術から医療制度まで、とても興味のあるテーマの研修プログラムが組まれています。資料がダウンロードでき、実際の講義の映像が見られます。


衛星研修は、研修場所に行かなくても、病院内で、衛星放送を利用し、双方向性に研修を受講できます。Web環境があれば、病院内は勿論、自宅でも好きな時間に見られるので、とても忙しくて研修には行けないという人にはとても便利です。 パワーポイントを見ながら、動画で講義が受けられます
疑問点についても、調べることができます。
各領域の専門家が、質問に答えてくれるため、悩みや問題の解決につながります。

 

  衛星放送・オンデマンド研修 Webリンク 

スキルアップラボ

病室と同じ環境でいつでも研修できます。

高機能シュミレーター導入、色々なシナリオから実践に即した訓練ができます。 

 

showa-0143.jpg
showa-0150.jpg
showa-0153.jpg
スキルアップラボ

図書室

調べたいときにいつでも本やインターネットによる検索ができます。
(メディカルオンライン契約)

図書室.JPG

ほやほやふわふわルーム

何でも話せる癒しの空間を目指します。
落ち着いた音楽・コーヒーを淹れて待っています。気軽に訪問ください。

hon_DSC_2030.jpg

ページの先頭へ

  • 〒187-8510
  • 東京都小平市花小金井八丁目1-1
  • TEL 042-461-0052(代)/FAX 042-464-7912
Copyright(c) 2013 SHOWA GENERAL HOSPITAL All Right Reserved