公立昭和病院 看護部

先輩たちのエピソード・メッセージ

竹浪 裕見子師長

「笑顔」「感謝」「負けない心」がモットーです。

整形外科・耳鼻咽喉科の病棟師長をしています。「笑顔」「感謝」「負けない心」をモットーとし、前向きに明るい病棟づくりをしています。患者の心に寄り添い、励ましを送りながらスタッフと共に看護の醍醐味を感じています。
看護は一人ひとりのかけがいのない命と向き合う、気高く尊い仕事です。患者さんとの出会いを大切に、生きる力を引き出す看護を実践していけるよう努力しています。地域に密着した急性期高度医療を提供していく当院で質の高い看護ケアを学んでみてください。

杉本 ゆかり南3A 小児科病棟

「子供や家族の支えになりたい」

約7年前、子供が2歳半の時に2か月程当院に入院しました。私も付き添いのため、毎日病院に寝泊まりし、不安に過ごしている中、看護師さんの優しい心遣いや声掛けに元気をもらいました。私も同じように入院している子供やその家族にとって支えになれるような看護をしたいと思い看護師になりました。

小榑 慶子南3A 小児科病棟

「子供と一緒にトランプ作り」

長期入院している子供は、ストレスや寂しさを感じています。それでも私たちに笑顔を見せてくれ、癒されています。子供が少しでも入院生活や処置などの恐怖やストレスを軽減できるよう関わっています。子供と一緒にトランプ作りなど、子供の好きな物や興味のある事を取り入れた遊びを考えたりしています。

ページの先頭へ

  • 〒187-8510
  • 東京都小平市花小金井八丁目1-1
  • TEL 042-461-0052(代)/FAX 042-464-7912
Copyright(c) 2013 SHOWA GENERAL HOSPITAL All Right Reserved