公立昭和病院 看護部

先輩ナースインタビュー

  • nav05.png
  • nav06.png
  • nav01.png
  • nav02.png
  • nav03.png
  • nav04.png

恒川 郁

入職1年目

現在の部署とお仕事内容を教えてください?

A. 南6病棟(脳外科病棟)

看護師を目指した理由は何ですか?

A. 自分が新人看護師として成長できる環境であると考えたからです。というのは、新人ということで始めのうちに多くを学び、経験をしたかったため、急性期病院であり、設備が整っていて大規模な病院に行こうと考えていました。その中で、当院の説明会に参加し、自分の希望する科があったこと、新人教育に力を入れていたことで決めました。また、看護部長、教育担当副看護部長の人柄にもとても引かれました。

看護師を目指した理由は何ですか?

A. 祖父が入院した時、看護師を知りました。
人と関わる仕事・役に立つ仕事に就きたいと考えて目指しました。

特に印象に残っているエピソードなどはありますか?

A. 苦労したことは、学生から社会人になり環境が変わったこと、学生の時の実習に比べ日々の受けもち人数が増えたことです。しかし、個々に応じ、受けもち人数を調整してくれるので助かりました。嬉しかったことは、退院や転院した患者さんに「ありがとう」と言われたこと、良かったことは第一希望の科に配属になれたこと、プリセプターナースやチームの先輩看護師が親切に教えてくれ、分からないことが聞きやすい環境にあることです。

普段心掛けていることはありますか?

A. いつも笑顔を絶やさないようにしています。

公立昭和病院での教育についてはどうですか?

A. 特長は、“厳しく研修する!”というよりも、日々新人として業務に追われる中で、1ヶ月に1~2度同期の新人で集まって話す機会であり、落ちつく場になっていることだと思います。
また、病棟に入る前に、忘れてしまっていて不安だった技術トレーニングをやらせてもらえたこと、病棟に入り、少し慣れ疑問点がでてきたタイミングで、その疑問点をなくすための振り返り研修があったことはとても助かりました。

小平市とはどんな街ですか?

A. ゆったりと過ごせる街です。

学生さんへのメッセージをお願いします。

A. ゆっくりとその人に合わせて指導を進めてくれます。一緒に働きましょう。

渡邊 彩加

入職1年目

現在の部署とお仕事内容を教えてください?

A.本4病棟(消化器外科・呼吸器外科病棟)

看護師を目指した理由は何ですか?

高校生の時に一日看護体験を行い、その時がんの患者さんに接し、とても親切にしてもらい何かできることはないかと考えるようになりました。看護師になり、その思いを返していきたいと思った。

公立昭和病院を選んだ理由は?

A. 看護学生になり様々な実習を通して患者さんの生活を考えた時に、私も病院と地域をつなぐ一員となって患者さんとご家族を支えたいと思うようになりました。当院は地域の中核病院として地域との医療連携に力を入れており、入院~手術~退院と患者さんとご家族に関わる中で看護師ができることを学べるのではないかと思い、入職を希望しました。

特に印象に残っているエピソードなどはありますか?

A. まずは職場や仕事に慣れることでいっぱいでした。実習と違い、看護師として患者さんやご家族に接していくことにとても緊張しましたが、「話して良かった」「頑張ってね」と優しい言葉を頂けたことが嬉しくて、仕事にやりがいを感じています。また、先輩看護師も優しく丁寧に教えてくれて、分からないことや不安なことをすぐに聞くことができる環境があることも、とてもありがたいです。

普段心掛けていることはありますか?

A. まだまだ困ることも多いですが、笑顔を忘れず患者さんに接していきたいと思います。

公立昭和病院での教育についてはどうですか?

A. 入職して最初の1週間は新人研修で交流できるだけではなく、月に2回の研修で新人同士顔を合わせてフリートークできる場を作ってもらえるので孤独感を感じることなく楽しく働くことができています。
技術研修では病棟で実際に行うことが多いケアや記録について実践を交えて学ぶことができるので日々の業務にとても役立っています。

小平市とはどんな街ですか?

A. 穏やかなところで、とても過ごしやすい環境にあります。

塩川 更紗

入職2年目 東京都出身

現在の部署とお仕事内容を教えてください?

A. 心臓血管センター

看護師を目指した理由は何ですか?

A. 母親も看護師であったことが一つにあるが、人と接する仕事がしたいと思ったから。

特に印象に残っているエピソードなどはありますか?

A. 退院後、一年近く経った患者さんのご家族に会った時に、「自分がいった言葉を糧に頑張っています」と言われたこと、自分が思っているい以上に家族の人は看護師が発した言葉を覚えているのだと感じた。

普段心掛けていることはありますか?

A. 笑顔でいること。

公立昭和病院での教育についてはどうですか?

A. オンデマンドのプログラムなどもあり、家でも学べる環境があります。強制参加は少ないですし、学びたいことを、深められると思います。

休日はどのようにお過ごしですか?

A. 旅行をしたり、友達の家に遊びに行ったり、買い物をしたりしています。
一日中家にいることも。充実しています。

小平市とはどんな街ですか?

A. 自然もあるし、都心へも意外と近い。

将来の夢や今後の目標は?

A. 将来はまだわかりませんが、心臓血管センターでもっともっと看護師として成長したいです。その後のことは、もう少ししたら考えます。

学生さんへのメッセージをお願いします。

A. 学生時代にたくさんの経験をしてください。
今になって“あれもしたかった”と感じることが多々あります。

齋藤 由紀恵

入職2年目 群馬県出身

現在の部署とお仕事内容を教えてください?

A. NICU・GCU
生まれたばかりの赤ちゃん達のケアをしています。急性期であるので、気の抜けない場面も多いですが、可愛い赤ちゃん達に毎日癒されながら働いています。ご両親との関わりも多く、赤ちゃんとご両親の幸せそうな様子を見ていると、とても嬉しく、仕事もがんばれます。

看護師を目指した理由は何ですか?

A. 人と関わり、人のために何かできる仕事がしたいと思っていたことが看護師を目指したキッカケです。

特に印象に残っているエピソードなどはありますか?

A. 2年目になり、来年は看護研究を控えているため、日本小児看護学会へ参加させていただきました。全国の色々な施設から、小児に関わる方が集まっており、各々の経験から一事例について意見交換するセッションでは、子ども達のために何ができるのか考えていく姿勢を学び、自分もそんな看護師になりたいと強く感じました。

普段心掛けていることはありますか?

A. 新人の頃は、自分の受け持ち患児のことだけで精一杯でしたが、2年目になった現在は、周りの状況をよく見て、チームの一員として協力できるように動こうと心がけています。

公立昭和病院での教育についてはどうですか?

A. とても充実していると思います。院内院外の研修や勉強会に積極的に参加することができます。
病棟全体で新人を育てていこうという雰囲気があり、困った時は、すぐに先輩に相談し、学ぶことができます。そのため、とても安心して働くことができます。

休日はどのようにお過ごしですか?

A. 体力のある限り、外出するようにしています。
仕事と休息どちらか一方に傾き過ぎないように、バランスを大切にしています。

小平市とはどんな街ですか?

A. 落ち着きがあり、緑もあって、住みやすい街だと思います。

将来の夢や今後の目標は?

A. NICUという専門性の強い病棟に勤務しているので、今後も経験を積んで学習し、赤ちゃんのために何ができるのか、常に考えられるような看護師になりたいです。また、ご両親へも積極的に関わり、信頼される看護師になりたいと思っています。

学生さんへのメッセージをお願いします。

A.学生の頃は、実習でしか本当の患者さんを通して看護を学ぶことができませんが、入職すれば毎日が勉強で、日々自分の看護の質を高めていけると思います。
ぜひ、当院で一緒に働きましょう!

大磯 愛恵

入職3年目 青森県出身

現在の部署とお仕事内容を教えてください?

A. 内分泌代謝内科、皮膚科、眼科、形成外科の混合病棟である南8階病棟に勤務しています。
糖尿病などの療養指導や手術患者の術前術後の看護を行っています。

特に印象に残っているエピソードなどはありますか?

A. 母退院の際、患者さんとご家族の笑顔を見られると、とても嬉しく感じます。

普段心掛けていることはありますか?

A. なるべく多くの時間、患者さんとのコミュニケーションを取れるように心掛けています。

公立昭和病院での教育についてはどうですか?

A. 毎年、多くのレベルアップ研修が企画されており、自分の意志で参加できます。
個々のレベルアップのためのサポートがされていると思います。

将来の夢や今後の目標は?

A. 様々な科を経験し、看護の幅を広げていきたい。

学生さんへのメッセージをお願いします。

A. 是非一緒に働きましょう。

溝口 大介

入職4年目 東京都出身

現在の部署とお仕事内容を教えてください?

A. 脳神経外科です。
毎日、清潔ケアや検温はもちろんのこと、外科なので、手術の患者さんも多いです。

看護師を目指した理由は何ですか?

A. 普通の仕事はしたくない、サラリーマンは嫌だと思っていたら、看護師になっていました。

特に印象に残っているエピソードなどはありますか?

A. 自分が担当していた患者さんが、元気になって外来で会ったりしたときは、嬉しい気持ちになります。

普段心掛けていることはありますか?

A. 意識障害の方が多い病棟ではありますが、常に言葉使いなどは丁寧に接していきたいと思っています。

公立昭和病院での教育についてはどうですか?

A. ベテランの看護師が多く、4年目の私でも毎日勉強になることがあります。生涯教育体制が整っていると思います。

休日はどのようにお過ごしですか?

A. 友人と食事に行ったり、スポーツをすることが多いです。

小平市とはどんな街ですか?

A. 緑が多くて、過ごしやすい街です。

将来の夢や今後の目標は?

A. 自分が得意なことを見つけて、そこを伸ばしていけるようにしていきたいです。

学生さんへのメッセージをお願いします。

A. お子さんがいる方も多く働いている病院です。仕事とプライベートの時間をしっかり分けて取ることができます。ぜひ、一緒に働きましょう。

ページの先頭へ

  • 〒187-8510
  • 東京都小平市花小金井八丁目1-1
  • TEL 042-461-0052(代)/FAX 042-464-7912
Copyright(c) 2013 SHOWA GENERAL HOSPITAL All Right Reserved