臨床工学室

人の呼吸・循環・代謝といった生命の維持に直接つながる機能を代行したり、補助したりする装置を『生命維持管理装置』といいます。具体的な例としては、人工呼吸器や人工透析装置などがあります。医師の指示を受け、このような生命維持管理装置の操作及び保守点検を仕事とする医療職が臨床工学技士です。

臨床工学技士とは、昭和62年に制定された新しい医療専門職で、厚生労働大臣の免許を受けて「医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業とするもの」となっています。

当院の臨床工学室には、臨床工学技士が10名在籍し、日々、手術室や救命救急センター、人工透析室などの生命維持管理装置の保守点検及び操作を行っています。また、医療機器の専門職として、一般的な医療機器の点検整備も行っています。臨床工学室で管理している医療機器は、輸液ポンプやネブライザーなど600台以上になります。

臨床工学室では医師、看護師など他の医療職と連携し、医療機器を通して“医療の質の向上に努め、地域社会に貢献すること”を目指しています。

臨床工学技士の業務内容

手術室

麻酔器・患者監視モニタ・電気メス等の手術用機器の保守管理

救命救急センター

人工呼吸器・患者監視モニタ・血液浄化装置・補助循環装置等の保守管理

showa-0351.jpg

人工透析室

透析機器の保守管理
外来透析の施行 月~土、月・水・金は夜間も施行

showa-0350.jpg

心臓カテーテル検査室・ペースメーカ関連

ペースメーカ・ICDの植込み時の補助、外来の補助
心臓カテーテル検査時の立ち会い等

一般病棟他

人工呼吸器・輸液ポンプ・ネブライザー・DVT予防ポンプ等医療機器の保守管理、貸出し等

医療機器関連認定資格取得者

第1種ME技術認定技士 2名
第2種ME技術認定技士 8名
臨床ME専門認定士 1名
透析技術認定士 7名
呼吸療法認定士 4名
体外循環認定士 3名
ペースメーカ関連専門技士 1名
衛生管理者 1名
医療機器情報担当者 1名
  • 〒187-8510
  • 東京都小平市花小金井八丁目1-1
  • TEL 042-461-0052(代)/FAX 042-464-7912
Copyright(c) 2013 SHOWA GENERAL HOSPITAL All Right Reserved