中央手術部

1 当部の概要・紹介

中央手術部では、毎年6,000件以上の手術を行っております。その内麻酔科管理症例は約3,500件です。臨時手術が2割強を示す当手術部では、看護師、臨床工学技士、メディカルクラーク、麻酔科医が中心となり、薬剤部、放射線科、病理診断科とも連携し、低侵襲手術を推進し、患者さんの手術を外科系医師と供に、効率よく安全に行うための努力をしています。 手術室は9室(内クリーンルーム2室)あります。運営は手術室運営委員会にて討議され、緊急手術には24時間体制にて対応しています。
手術室稼動の効率化や職員業務の標準化ほか、バーコードによる本人確認・タイムアウトなど手術を受ける患者さんの安全管理を重要課題としています。
手術室理念として
O:思いやりの心を大切に
P:プロの意識を持って行動し
E:円滑な手術を目指します
を掲げ努力しています。

showa-0414.jpg
showa-0453.jpg
showa-0456.jpg

2 スタッフの活動状況

手術室職員配置:常勤麻酔医 5名(非常勤医を含め8-9名/日)・看護師 32名・臨床工学士 1名・助手 4名・クラーク 2名

年間活動計画に沿った感染対策や教育面の整備等に積極的に取り組み、また、術前訪問を通し、患者さんの安全管理や円滑な手術の実施に向けて、職員一丸となって取り組んでいます。

showa-0436.jpg
showa-0428.jpg
showa-0438.jpg

3 業務実績

26年度手術件数

科\区分 定時手術 臨時手術 総 合 計
外科 659 328 987
乳腺・内分泌外科 197 10 207
呼吸器外科 106 22 128
眼科 2,443 174 2,617
形成外科 124 20 144
産婦人科 403 156 559
歯科口腔外科 46 6 52
耳鼻咽喉科 274 42 316
心臓血管外科 120 28 148
整形外科 224 249 473
脳神経外科 143 281 424
泌尿器科 214 25 239
消化器内科  5  1 6
皮膚科 9 8 17
合計 4,967 1,350 6,317

4 主な設備・検査

手術室 9室

全身麻酔装置・患者監視装置・電気手術装置・超音波凝固切開装置・レーザー手術装置・鏡視下手術装置(腹腔・胸腔・尿道・関節・鼻)・手術用顕微鏡(眼科・脳外科・耳鼻科・形成外科)・気管支ファイバースコープ・直流式除細動装置・超音波診断装置・連続心拍出量測定装置・経皮的心臓ペーシング・ラジオ波・マイクロ波・新生児未熟児用開放型保育器・患者体温維持装置・脳波スペクトル分析装置・高頻度ジェットベンチレータ・超音波血流計・血液ガス分析装置・自動血球計数器 など

  • 〒187-8510
  • 東京都小平市花小金井八丁目1-1
  • TEL 042-461-0052(代)/FAX 042-464-7912
Copyright(c) 2013 SHOWA GENERAL HOSPITAL All Right Reserved