リハビリテーション科

リハビリテーション科は、理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3部門からなります。
当院は三次救急指定病院であり、ICU(8床)、SCU(12床)、CCU(4床)、NICU(6床)、HCU(12床)を有し、急性期を担うリハビリテーション部門として入院早期から長期臥床による廃用予防に努めています。対象疾患は、脳卒中急性期、骨関節疾患の術後、呼吸器疾患や外科術後の呼吸リハビリテーション、がんのリハビリテーション、小児疾患など多岐にわたり万全なリスク管理を行い、根拠に基づいた質の高いリハビリテーションを目指します。
また、地域の中核病院として、住み慣れた街で自分らしく暮らしたいというひとりひとりの思いを大切にし、各診療科や他職種と連携をとり自宅復帰や回復期リハビリテーションへ円滑に移行できるようにチーム医療の一員として熱意と誇りを持って日々努力しています。

showa-0111.jpg
showa-0160.jpg

施設基準及び実績

施設基準 対象となる疾患名
脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ) 脳出血、脳外傷、脳梗塞、くも膜下出血、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、背髄損傷、小児疾患など
廃用リハビリテーション料(Ⅰ) 外科手術後や、内科、循環器疾患による廃用症候群など
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
骨折、頚椎症、化膿性背椎炎、椎間板ヘルニア、変形性関節症、切断、靱帯損傷、アキレス腱損傷、外傷など
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ) 肺炎、慢性呼吸器疾患(肺気腫)、肺癌手術前後、気胸など
心大血管疾患リハビリテーション科(Ⅰ) 急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大血管疾患、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患 
がん患者リハビリテーション料 各種がん疾患

スタッフ数

  • リハビリテーション科常勤医師 1名
  • リハビリテーション科非常勤医師 1名
  • 理学療法士 20
  • 作業療法士 6名
  • 言語聴覚士 7
  • リハビリ助手 3名

医師紹介

氏  名 プロフィール
医 長
岡田 真明
(おかだ まさあき)

【専門分野】
 リハビリテーション医学

【資  格】

 日本リハビリテーション医学会認定臨床医・専門医・指導医

 医学博士
【出身大学】
 新潟大学 平成6年卒

※非常勤医師・・・松井 彩乃

部門紹介

理学療法(Physical Therapy:PT)

理学療法は、脳血管疾患や整形疾患を始め内科や外科系の疾患によって生じる機能低下の改善や廃用症候群の予防・基礎体力の向上を目的に行います。
理学療法の直接的な目的は寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くといった日常生活動作能力の向上を図ることであり、患者さんの状態に合わせて基本動作練習、歩行練習などを実施します。また、必要に応じてご家族への介助指導や装具の選択・適合のチェックなどを行います。

PT3.JPG
showa-0116.jpg
showa-0119.jpg

作業療法(Occupational Therapy:OT)

作業療法部門では、発症早期から上肢・手指を中心とした身体機能障害や高次脳機能障害により制限された日常生活動作(ADL)・家事動作能力・社会活動の再獲得を目指して包括的なリハビリテーションを提供します。
身体機能や高次脳機能の障害に対して訓練も含まれた趣味を通したリハビリテーションを導入することや作業活動を行う事で、意欲の向上や身体機能の向上を図ります。
また、退院後も自宅での安全な生活を送ることができるよう過ごしやすい環境設定や患者様に合わせた様々な工夫に関する動作指導、その他には福祉用具や自助具の導入を提案します。さらには、学業・職場復帰や再就職を目指す場合、必要能力(耐久性・計算や書字能力・パソコン操作など)のリハビリテーションを行います。

OT3.JPG
showa-0104.jpg
showa-0122.jpg

言語聴覚療法(Speech language hearing Therapy:ST)

ST1.JPG言語聴覚療法では、失語症・構音障害・高次脳機能障害・摂食嚥下機能障害や廃用症候群に対して早期より加療しています。
当院は、急性期病院としては言語聴覚士の人数が多いため、チーム制をとることで、密な連携を図り情報の共有と質の高いリハビリテーションを提供しています。
コミュニケーション機能や摂食嚥下機能に問題を抱えた方に寄り添い、ご家族や周囲の方と協力しながら、コミュニケーションのプロフェッショナルとして笑顔でお手伝いをしていきたいと思っています。


心臓リハビリテーション

無題.png 心臓リハビリテーションは、心筋梗塞や心不全および心臓血管外科手術後などで入院された患者さんに対して行われる治療の一つです。循環器病の悪化や再発の予防と、可能な限り質の高い日常生活や円滑な社会復帰を送ることを目的としています。

 当院では、急性期の患者さんに対し、個々の心臓機能や体力に合わせて運動療法を行います。手術後や心臓の機能が低下した患者さんは体力が落ちてしまいます。初めは低強度の運動から開始して、歩行練習や日常生活動作練習を重ねて、退院後も運動の継続ができるよう運動指導を行います。

 運動療法のみならず、食事療法や薬物療法がとても重要で、禁煙などの生活習慣の改善も必要になります。

 医師や看護師、薬剤師や管理栄養士など多職種による連携で、患者さんの健康改善と自己管理に対する意識の向上に努めています。


リハビリテーションスタッフ

心リハ⑥.png

 

 専属のリハビリテーションスタッフが、患者さんの身体機能に合わせて運動療法や生活指導を行います。また、日本心臓リハビリテーション学会の認定資格である心臓リハビリテーション指導士を取得したスタッフが在籍しております。患者さんの健康改善に日々努力を重ねて、運動療法の普及に貢献することが重要と考えております。

 

外来リハビリについて

当院は急性期病院としての診療を行っております。
回復目的の通院及び入院によるリハビリは行っておりませんのでご了承ください。

リハビリ実績等

hpデータ①.jpg
hpデータ②.jpg

hpデータ③.jpg

 

HP用集合写真.JPG
  • 〒187-8510
  • 東京都小平市花小金井八丁目1-1
  • TEL 042-461-0052(代)/FAX 042-464-7912
Copyright(c) 2013 SHOWA GENERAL HOSPITAL All Right Reserved